グループコミュニケーション

当社のプログラムでは、4つの同期・非同期コミュニケーションツールを活用しながら生徒たちはグループでの交流、協働学習を進めます。

① ガイダンスボード

生徒たちにはCOIL* 手法に基づいた7ステップからなるプロセスに取り組んで頂きます。ガイダンスボードでは、今7ステップ中のどこにいるのか、次は何に取り組むのかなど確認が可能。また、各ステップの説明を読むことで、そのステップにおいていつまでに何をする必要があるかを理解できます。

(*Collaborative Online International Learning)

AirPangaea-Challenge.jpg

関連するツイートはこちら

​グループディスカッションボード

グループ内のコミュニケーションにはグループディスカッションボードを活用します。テキストや写真、動画、ファイルなどを投稿することでアイディアを共有したり議論することが可能です。

AirPangaea-GroupDiscussion.jpg

関連するツイートはこちら

Googleスライド上の独自ワークシート

生徒たちは、協働学習・作業を進めていくのに適した独自ワークシート(Googleスライド上の各グループ専用スペース)に招待されます。Googleスライドのコメント機能などを活用してグループ内で議論・協働を進めていきます。

スクリーンショット 2022-04-23 11.52.23.png

関連するツイートはこちら

Zoomでのグループビデオチャット

生徒たちは週一回、グループメンバーと口頭で会話・討議を行う機会があります(Zoomのブレークアウトルームを活用)

AirPangaea Briefing Session MY-ID 2021-06-25.png

協働学習プロセスの7ステップ概要については、以下ページをご参照ください。