協働学習プロセス

私たちの協働学習プラットフォームは COIL/VE* 手法に基づいた7つのステップから構成されています。(*Collaborative Online International Learning/Virtual Exchange)

 

教員のアドバイスに基づいて生徒を4-6名の異国混成の小グループに分け、それぞれのグループに課題を1ステップずつ進め、完遂を目指してもらいます。参考として、MOTTAINAIプログラムの7ステップを以下に記載しています。

01

お互いをよく理解しよう

生徒たちはグループ毎にディスカッションボード上で異文化交流を行います。趣味紹介やオンライン借り物競走などの課題を写真をアップロードしてこなしていき、互いの理解を深めます。

02

関連記事を読もう

生徒たちは、MOTTAINAIに関連する記事を読みグループメンバーとの議論の土台を整えます。

03

日々感じるMOTTAINAIを
共有・比較しよう

グループ毎に、生徒たちは自身の生活や自国の社会においてMOTTAINAI(資源の無駄遣い)と感じる行動・仕組みについて共有・比較を行い、両国の類似点、相違点を確認します。

04

地球への影響を
調査・議論しよう

各グループは、対象とするMOTTAINAI行動のために、各国で天然資源がどの程度消費されるのかを調査します。また、その行動が継続した場合、地球にどのような影響があるのかを議論します。

05

地球を救うアイディアを
考えよう

各グループは、対象となるMOTTAINAI行動及び資源の浪費をどうすれば無くす(または減らす)ことができるか、のアイディアを共有します。

06

グループの考えをプレゼンテーションにまとめよう

各グループはGoogle Slidesを用いてプレゼンを作成していきます。プレゼンには天然資源の保全について学んだことに加え、当プログラムを通じて得た文化的発見についてもまとめます。

07

プレゼンテーションで
想いを伝えよう

最終日に各グループはプレゼントQ&Aを実施します。聴講者や質問者は両校の先生だけでなく、校長や専門家などが参加する場合もあります。

各グループにおけるコミュニケーション手法についてもっと知りたい方は以下をクリックしてください。